消化器内科

内科

小児科

循環器内科

消化器内科

皮膚科

健康診断

予防接種

予防接種

予防接種

患者の気持ち

消化器内科について

消化器内科では、おなかの病気、すなわち胃腸や肝臓・胆嚢・膵臓を主な対象とし消化器に関する幅広い疾患をみます。


対象疾患としては逆流性食道炎、ヘリコバクターピロリ感染、胃炎、胃潰瘍、十二指腸炎、十二指腸潰瘍、消化管機能障害(過敏性腸症候群等)、脂肪肝、慢性肝炎、肝硬変、胆石、胆嚢炎、慢性膵炎などの診断・治療が主にあげられます。

消化器の病気と思われる主な症状

下記のような症状が出た場合には消化器の病気の可能性があります。

  • 腹痛、胃の痛み、お腹が膨れる
  • 胸焼け、吐き気、嘔吐
  • だるさ、発熱が続く
  • 体重減少、食欲不振、食べ物がつかえる
  • 吐血、下血、血便
  • 黄疸(皮膚や眼球等の組織・体液が黄色く染まる)

など


以上のような幅広い症状が起こりえます。このような症状は一概に消化器疾患だけでなく、心臓などの他の臓器が原因になっていることもあり、総合的な判断が必要です。
お困りの場合はお気軽にご相談ください。

専門的な治療や検査が必要な場合は、適切な病院へご案内いたします。

主な病気

逆流性食道炎 食道がん 胃炎(急性胃炎・慢性胃炎)
胃・十二指腸潰瘍 胃がん 便秘症
過敏性腸症候群 脂肪肝 ウィルス性肝炎
アルコール性肝障害 肝硬変 胆石
胆嚢ポリープ 胆嚢炎 慢性膵炎

など

検査について

当院では、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ・経鼻内視鏡)と腹部エコー検査を行っております。
経鼻内視鏡検査は鼻から入れる胃の内視鏡検査です。通常の口から入れる内視鏡に比べて、嘔吐感がほとんどなく(嘔吐反射が起きにくい)、苦痛が少なく安全に検査が出来ます。全身麻酔をする必要がなく、検査後もすぐに飲食ができます。
定期的に内視鏡検査を受けておくことで、万が一胃がんになっても、多くの場合早期の段階で発見されています。
また、胃がんになりやすいといわれるピロリ菌感染のある方、慢性萎縮性胃炎のある方は定期的内視鏡検査を強くお勧めしています。
腹部エコー検査は、超音波を用いて、主に肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓などの画像を描出して診断する検査です。放射線被ばくの心配がなく、肉体的苦痛もなく、簡便に検査を行うことができます。

肝臓は沈黙の臓器といわれるように悪化しても自覚症状がないことがほとんどです。年1回の検査をお勧めします。